Menu

インプラント治療について

Home

インプラント治療について

当院のインプラント治療

つらい入れ歯、あきらめていませんか?

硬い物が噛めない。
食べ物がおいしく感じられない。
きちんと発音ができない。口臭が気になる。
人と話をするのが億劫になった。
など悩みはさまざまです。

合わない入れ歯を使用していると、食事を楽しめなくなるだけでなく、「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」に大きな影響を及ぼします。
デンタルインプラントは、天然の歯とほとんど変わらない機能と外観を回復できる治療法。
自分の歯が再生したような快適な暮らしを実現します。
最先端のインプラント治療法で、自然な笑顔を取り戻しませんか?
大垣アピオ歯科・矯正歯科では、常時インプラント治療のご相談をお受けしています。

インプラント治療とは?

インプラント治療
歯は、目に見える部分の歯冠と、それを支えている歯根から成り立っています。
歯を失うということは、歯冠だけでなく歯根も失うということです。
インプラント治療では、失われた歯根の代わりにチタン製のインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋め込み、そこに人工の歯冠をしっかりと固定させます。
チタンは生体組織内において異物とみなされず、違和感なく骨と結合するという特性を利用した治療法です。
インプラント治療は、歯を1本失った場合から全部失った場合まで、あらゆるケースに対応できます。
あごの骨にしっかりと固定するインプラント治療は、ずれたりぐらついたりすることがなく、違和感、異物感に悩まされることもありません。
天然の歯と変わらない感覚で噛める、自然で美しい歯を手に入れることができるのです。

ノーベルバイオケアのインプラントシステムを採用しています。

1952年、スウェーデン人のベル・イングヴアール・ブローネマルク博士は、チタンが骨組織と親和し結合することを発見しました。

その後、長期にわたる研究を経て、1965年より博士は歯科分野でのインプラント治療を開始。
以来、何百万人もの患者さんがデンタルインプラントによって、歯の機能、審美性、そしてクオリティ・オブ・ライフの向上を享受しています。

現在ノーベルバイオケアのインプラントは、埋め込んだ時には独自の形態によって骨に強固に固定され、さらにタイユナイトと呼ばれる表面加工が骨の形成を促進するため、短期間に骨と結合します。

大垣アピオ歯科矯正歯科のインプラントは数ある世界中のインプラントのメーカーの中でも最も歴史と実績が認められている「ノーベルバイオケア」社のインプラント製品を使用しています。
そのため、インプラントの治療も安心して受けていただけます。

2. 顔貌の改善や術後の安定が良いです。

3. 咀嚼機能の向上が図れます。

4. 顎関節症を伴う不正咬合の治療に効果的な結果が得られます。

実際の治療例

インプラント治療例 1

インプラント治療例
この患者様は、歯が1本抜けけたため両側の歯を削って歯を入れるブリッジをしたくないとのことでした。このため、インプラント治療を選択しました。
ブリッジでは、きれいな歯が入りますが、両側の削った歯が将来虫歯になる可能性があります。ブリッジにしないで、ない歯の部分にインプラントを入れると、両側の歯は削らないで済みます。
インプラントを選択したことで残った歯の健康が守られました。
最初の歯の欠損をインプラントで治療すると、健康保険がきかないので初期投資は高くなりますが生涯医療費はとても節約されます。
最初の歯の欠損はインプラント治療を第一選択としておすすめいたします。

インプラント治療例 2

インプラント治療例
この患者様は、入れ歯をしたくないとのことでした。このため、インプラント治療を選択しました。
インプラント治療をしたため、しっかりと食事をかむことができるようになりました。

インプラント治療と従来の治療方法の比較

例えば、何らかの理由で歯を一本失ったとき、その両側にある健康な歯を削り、ブリッジ(橋)のように人口の歯をかぶせる、従来のブリッジと呼ばれる治療法や、取替え式の部分入れ歯等が多く用いられてきました。
しかしこの治療法の場合、後々何度も作り直す必要があり、咬合の安定と保全および残存歯列の長期的維持という点でも色々な問題がありました。

それでは、インプラントとの違いを見てみましょう。

1. 隣接する歯を1,2本失った場合

隣接する歯を1,2本失った場合

2. 奥歯を含めて複数の歯を失った場合

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

3 すべての歯を失った場合

すべての歯を失った場合
** その他、矯正治療に関する内容は、こちらよりご覧ください **

初めてのインプラントインプラント治療の流れインプラント治療Q&A

日経新聞電子
このページの先頭へ