Menu

矯正治療Q&A

Home

矯正治療Q&A

舌側矯正Q&A

裏側矯正は表側矯正より治療期間が長くなるという話を聞きますが、本当ですか?

裏側矯正では歯の裏側の構造が複雑であったり、見にくかったりすることで、矯正治療において高度なテクニックや熟練が必要です。しかし、それを身につけている矯正歯科医であれば、表側矯正と同じ治療期間で矯正治療することができます。

インビザラインQ&A

食事のときは外せますか?

インビザラインは、取り外しができますので、食事はいつもおいしく食べることができます。

インビザラインによる矯正治療の実績は?

インビザラインは、世界中で行われていて140万人を超える患者の矯正治療に使用され、その効果が認められています。アメリカで実施されたアンケート調査では、インビザラインによる治療を受けた患者様の90%近くが、治療に「とても満足している/極めて満足している」と回答しています。

インビザラインは具体的に、どのような治療法ですか?

インビザラインは、3次元コンピュータ画像技術を駆使し、治療の開始から終了までの過程の緻密なシミュレーションを行います。その結果に基づき、それぞれの患者様に適合した「インビザライン・アライナー」をカスタムメイドで製造します。患者様は、矯正歯科医の経過観察のもと、装着するインビザライン・アライナーを交換していくことで、歯が徐々に移動します。歯がシミュレーションされた最終位置に移動するまで、これを繰り返します。

インビザラインによる治療費はいくらですか?

大垣アピオ歯科・矯正歯科ではインビザラインの治療費は、80万となります。

永久歯がは生えそろっていない10代の治療も可能ですか?

以前は、永久歯がすべて生えそろっている患者様が対象でしたが、現在は「インビザライン・ティーン」が開発され、犬歯や奥歯で生えそろって歯がある方でも治療ができます。(詳しくは、治療を担当する矯正歯科医に直接ご相談ください。)

舌側矯正・インビザラインQ&A

話す際の発音は問題ありませんか?

インビザラインは、数日間は違和感がありますがすぐに慣れます。
舌側矯正では、慣れないうちは上下の前歯に舌が当たって舌足らずな発音になることもありますが、3~4週間程度で慣れて普通にしゃべれるようになれる方がほとんどです。装置の装着後は発声練習をして慣らしていきましょう。

矯正治療には年齢制限があるのでしょうか?

インビザライン・舌側矯正の治療は、必要がある場合は12歳くらいから行い、上限は特にありません。
いくつになられても、歯と歯周組織が健康であれば治療可能です。
近年では、成人矯正の方が多くなりました。 この度、従来のインビザライン・システムの治療上のメリットはそのままに、10代の患者様を対象とする新しい治療プログラム「インビザライン・ティーン」が開発されました。 従来のインビザラインでは適応外であった10代前半の方や、乳歯が全て抜けていれば永久歯が崩出途中の時期にもご使用いただけるようになりました。

治療期間はどれくらいかかりますか?

インビザライン・舌側矯正では、歯並びの状態により、期間が前後しますので、担当の先生にご確認ください。

痛くないですか?

痛みの感じ方は、個人差があり、痛みを感じない方もいれば、表側の治療と同様、歯が動く時に痛みを感じる方もいらっしゃいます。
痛みは処置内容にもよりますがインビザラインは新しい装置を入れた後、舌側矯正は調節後2,3日~1週間程鈍い痛みがあることがあります。

その他 矯正Q&A

部活をやってます。支障はないでしょうか?

インビザライン・舌側矯正の治療中に特別していけないスポーツはありません。
また、 患者様のアンケートから、フルートやオーボエ・トランペットなどの管楽器の演奏にも支障はありません。

何歳くらいで相談したらよいんでしょうか?

不正咬合に気づいたら、すぐに相談しましょう。治療開始時期は、症状により異なります。

大人になったからも矯正できますか?

もちろん大人でも矯正歯科治療はできます。最近は日本でも、大人で矯正歯科治療をする人が増えています。年齢に上限はありませんが、成長期にある子供は成長・発育を利用しなが治療を進められるので、条件がより有利になります。

費用はどれくらいかかりますか?

矯正治療は原則として保険がきかず、特殊な治療(※)を除いて、自費負担になります。症状にもよりますが、一般的には総額50~130万くらいになります。支払い方法にもいろいろありますのでご相談ください。

※※特殊な治療の例
外科的矯正歯科手術を併用する顎変形症の歯列矯正治療等に健康保険が適用される場合があります。

歯はどんな仕組みで働きますか?

歯は、歯を支える骨の吸収と造骨という現象で動きます。

歯を抜かなければ、治療ができないのでしょうか?

歯と顎の大きさの不調和が著しい場合は、抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃や顎の成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。

虫歯や歯周病にかかっていても、矯正できますか?

矯正治療の前に歯の検査をして、虫歯や歯周病がある場合は、先に必要な治療をすませてから矯正治療をします。

治療中に痛みはありますか?

装置を初めてつけたり、力を調整したときには、歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが数日でおさまります。

食事や歯磨きは普通と同じでよいのでしょうか?

矯正治療によっても多少の違いはありますが、普通の食事であれば問題はありません。
装置をつけているので、歯磨きには工夫がいります。磨き方の指導をしますから、早くそれを身につけてください。

矯正治療が成功するポイントはどこにありますか?

矯正治療は長い治療期間を必要とします。患者様と矯正歯科医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないようがんばることが必要です。

** その他、矯正治療に関する内容は、こちらよりご覧ください **

矯正治療について抜かない矯正と子供の矯正矯正治療の流れ

日経新聞電子
このページの先頭へ