Menu

抜かない矯正と子供の矯正

Home

抜かない矯正と子供の矯正

当院の抜かない矯正

抜歯をしないでも矯正はできるの?

矯正治療では健全な小臼歯を抜いてスペースを作り、歯並びをきれいにする方法がとられることが多くあります。
小臼歯を抜く以外の方法でスペースを確保することはできないのでしょうか。
それには、成長しきれなかった顎を大きくしたり、歯を奥のほうに移動させたり、成長のコントロールをすることによって、乱杭歯・出っ歯・受け口の矯正治療を非抜歯で行うことが出来ます。
大垣アピオ歯科・矯正歯科では、可能な限り小臼歯を抜かない歯列矯正をおすすめしています。

非抜歯の矯正治療におけるメリット

1. 健康な歯を抜かずにすみます。

2. 顔貌の改善や術後の安定が良いです。

3. 咀嚼機能の向上が図れます。

4. 顎関節症を伴う不正咬合の治療に効果的な結果が得られます。

実際の治療例

矯正治療例
上の写真の患者様の処置前の状態であっても条件が揃えば抜歯することなく矯正を進め、きれいな歯並びにすることが可能です。
矯正のご希望はあるが抜歯に対して抵抗がおありの方もぜひ一度ご相談ください。

当院の子供の矯正

開始時期とその意味・・・最適年齢は7歳!

子供の矯正

矯正歯科治療はいつ始めると良いとお考えですか?
はじめるのに最適な時期は症状によってまたお子さんによって違います。
矯正歯科治療先進国アメリカにおけるアメリカ矯正歯科学会は、矯正歯科治療の初診年齢として7歳をお勧めしています。矯正歯科治療を始められるのは思春期と思っておられるあなたは驚かれたでしょう。
あなたの子供様の口の中の健康を考えたとき、できるだけ早く一度専門医にみてもらうのは非常に良いことです。
次のような様子がみられたら是非大垣アピオ歯科・矯正歯科に一度いらしてください。
咬みにくい・口呼吸・指しゃぶり・前歯の重なり・関節雑音・前歯が出ている・前歯が反対・咬み合わせが悪いと感じる・上と下の前歯に隙間がある・いつも口が開いているなどは特徴的な異常症状です。

早期初診から得られる恩恵

矯正専門医はどのような年齢でも美しい笑顔を創り出すことができますが、最適の年齢があります。
できるだけ早い年齢に初診を受けていただくことで、個々の子供さんが最小の治療期間と費用で最大の効果をあげるには、いつ・どのような治療を受ければよいかをお話しすることができます。
早ければ治りますが、顔や顎の成長が終了してからでは治らないような場合があります。
矯正歯科治療の重要性両親は子供に美しい笑顔をもってほしいし、お子様も健康で素敵な笑顔を持ちたいでしょう。
矯正専門医の治療ゴールもそこにあります。

咬合異常を治療しないでいくと、う蝕(虫歯)・歯周病・骨吸収・歯の欠損・顎関節症になりやすいのです。
成人になってからこうした症状を治療するには、今支払う矯正料金よりはるかに高額になるでしょう。
また、治療しないでおくと、子供の全ての言語に対する発音、全身状態、自尊心にも問題を生じるようになるでしょう。
美しい笑顔になれば自信が生まれます。それゆえ美しい笑顔の価値を過小評価してはいけません。
歯並びを治すことでお子様がより良い環境を選択できることになるのです。
美しく健康な笑顔で人生を!!

** その他、矯正治療に関する内容は、こちらよりご覧ください **

矯正治療について矯正治療の流れ矯正治療Q&A

日経新聞電子
このページの先頭へ