審美歯科(セラミック治療)
大垣アピオ歯科・矯正歯科 HOME >  審美歯科治療  > 審美歯科(セラミック治療)

審美歯科(セラミック治療)

手に入れたのは“自然な笑顔”最先端テクノロジーから生まれた審美歯科をご提供します。

当院の審美歯科(セラミック治療)

審美治療の中で最も自然で美しい歯の代替材料はこのセラミッククラウンです。
このセラミックを全てのパーツに使用するオールセラミッククラウンは、強度が高く、金属アレルギーや歯茎の黒ずみの心配もいりません。
自然な仕上がりのオールセラミックセラミックの色合いや質感は、生まれつきの歯と見分けがつかないほどナチュラルです。
ただ単に白い色を再現するだけではなく、微妙な透明感やその人にあった歯の色を表現することができます。
歯にセラミックを使えば、より自然で美しい表情と噛む力を取り戻せます。

従来のセラミックは、メタルにセラミックを焼き付けるタイプのものでした。これはメタルにより光が遮断され透明感が出にくく、歯肉とのラインが黒ずんで見えてしまいます。
オールセラミックはメタルを一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

さまざまな審美歯科治療

  • オールセラミッククラウン

    オールセラミック冠は、冠全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(差し歯)です。

    当院では、オールセラミッククラウンを使用し、まったく変色がなく、天然歯と見分けがつかないほど美しく前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。また、金属をいっさい使用しないため、金属アレルギーや、歯・歯肉が黒ずんだりする心配もなく、色や形も選べるので審美的にも優れています。

    また、金属をいっさい使用しないため、金属アレルギーや、歯・歯肉が黒ずんだりする心配もなく、色や形も選べるので審美的にも優れています。

    治療費:プロセラ10万円(税抜) E-max8万円(税抜)

  • メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

    メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)
    見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

    さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることもできます。

    治療費:1本 9万円(税抜)

  • ジルコニアクラウン

    ジルコニアクラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。

    ジルコニアは、人工ダイヤの素材として知られ、スペースシャトルの断熱保護剤、人工股関節の一部分など工業から医療まで様々な用途に用いられているように、高い強度、優れた耐久性、耐腐食性、生体親和性、安全性などが実証されている材料です。

    審美的にはオールセラミッククラウンに多少劣るもののかなり綺麗で、土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。 また、金属をいっさい使用しないため、金属アレルギーや、歯・歯肉が黒ずんだりする心配もなく、色や形も選べるので審美的にも優れています。

    治療費:1本 10万円(税抜)

ポーセレン・ラミネート・ベニヤ

ポーセレン・ラミネート・ベニヤ
歯の表面をセラミック素材による付け歯によってコーティングしてしまうもので、主に歯の色を白くしたり、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を部分的に整えるのに最適です。
また、素材のポーセレン(陶材)は磨耗や変色の心配がありません。治療期間も2回の通院で完了します。

ポーセレン・ラミネートベニアは、まず、最初のときに歯の表面をわずかに削って型をとります。そして、2回目の来院のときにはセラミックのシェル(付け歯)ができ上がっていますので、歯に合わせて調整し、セメントで接着します。このように、普通は2回の来院で治療が終ります。

また、接着したシェルは、強力な接着力がありますので、はがれたり欠けたりすることは、ほとんどありません。
ただし、咬み合わせに問題がある場合にははがれることもあるので、事前の咬み合わせの診査が重要です。

この治療法は、たんに歯を白くするだけでなく、スマイルラインとの関係や唇や顔との色彩バランスなども考慮しながら行います。
治療費:10万円(税抜)
  • 保険の白いかぶせ物とセラミックのかぶせ物の比較

    保険診療は国によって金額が安価に決められているため、使用できる接着剤や型とりの材料にも大きく差がでます。

  • 保険のかぶせ

    保険のかぶせ

    色の持続
    変色する
    色調
    ベタ塗り状の白
    裏地
    銀色しかできない
    硬さ
    ややもろい
    かぶせ物の
    精度
    やや劣る(隙間が虫歯になりやすい)
    使用する
    接着剤
    保険診療内で定められた価格以内のもの
    金額
    安い(1万円前後)

  • 自費のかぶせ

    自費のかぶせ

    色の持続
    変色しない
    色調
    天然歯同様
    裏地
    白くできる
    硬さ
    硬い
    かぶせ物の
    精度
    高い
    使用する
    接着剤
    長持ちするもの
    金額
    高い(10万円~)

実際の治療例

オールセラミッククラウン治療例 1

オールセラミッククラウン治療例

オールセラミッククラウン治療例 2

オールセラミッククラウン治療例

ポーセレン・ラミネート・ベニヤ治療例 1

ポーセレン・ラミネート・ベニヤ治療例 1

ポーセレン・ラミネート・ベニヤ治療例 2

ポーセレン・ラミネート・ベニヤ治療例

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)治療例

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)治療例

審美歯科(セラミック治療)Q&A

  • 歯科治療で「セラミック」という言葉をよく耳にしますが、いったいどういう材料なのですか?

    セラミックとは簡単に言えば陶器のような材料です。歯科技工士が歯の色に限りなく近い色を再現した陶材を盛り上げて、焼いて作ります。歯の先端の透明感から根元にかけてのグラデーションの変化まで美しく表現でき、変色することもなく、耐久性にも優れる歯科にとって欠かせない材料です。

** その他、審美歯科(セラミック治療)治療に関するご質問はお気軽にどうぞ **

このページの先頭へ