初めてのインプラント
大垣アピオ歯科・矯正歯科 HOME >  インプラント治療  > 初めてのインプラント

初めてのインプラント

インプラントガイド

  • ブローネマルクインプラントの歴史

    ブローネマルク

    ブローネマルクシステムによるインプラント治療を最初に受けたのは、ヨスタ・ラーソンという34歳の男性でした。
    生まれつきの病気のために、あごの骨が弱く、歯も数本まばらに生えていただけで、食事や会話に不自由な生活を余儀なくされていた患者さんです。
    ブローネマルクにとって初めてのインプラント治療であることを納得したうえで、ラーソン氏は上下の顎にインプラントを埋入する手術を受けました。
    結果は、みごとに成功です。
    ラーソン氏は新しい人工の歯で、それまでの悩みを解消することができたのです。
    彼のインプラントは、30年以上経った今も何の問題もなく機能しています。

世界が驚いた成功率の高さ

  • 歯科学会

    ブローネマルクはラーソン氏に対するインプラント治療の後も、旺盛に治療と研究を続けました。そして、1977年、ブローネマルクのグループは1965年~1975年の10年間に行ったインプラント症例についての報告を、世界に向けて初めて発表したのです。
    対象となったのは211名(235顎)の患者さんで、ラーソン氏のように上顎あるいは下顎の歯が一本もない無歯顎の方たちでした。なかには上下の顎の歯が1本もない人たちもいました。埋めこまれたインプラントは合計で1618本にのぼります。

  • 歯科学会

    その後も研究は続けられ、1981年に発表されたデータでは2768症例にも及びました。
    この発表は、歯科学会に一大センセーションを巻き起こしました。治療成績が非常によかったからです。
    それについて、当時の研究者や歯科医師の多くは高い成功率に驚きながらも、「金属が生体のなかで生かされるわけはない」と懐疑的な反応をみせました。
    また、このときのデータは、無歯顎患者のみを対象にした研究結果だったので、部分的に歯のない、つまり天然歯が残っている口腔でも有効なのかどうか、疑問視する声もあがりました。
    しかし、その後、アメリカの各大学で実験が繰り返され、ブローネマルクの報告、つまりチタンと骨との結合は科学的に正しいと認知されるに至り、さまざまなメーカーが続々とチタン製インプラントの開発に取り組んだのです。
    1998年、ブローネマルクはチタン製インプラントについての功績が評価され、スウェーデン政府からノーベル賞に値するグランドプライズ賞を授与されました。

  • インプラント治療の利点

    歯科インプラントの開発は、近年の歯科学の進歩の中でも非常に画期的なものです。
    インプラント治療では、人工歯根を埋入し歯冠(歯の見えている部分)を支えるため、抜けた歯の外見と機能を、歯冠から歯根まで元に戻す事ができます。
    噛むときの圧力は想像以上に大きく、これに耐えるためにはその支えが必要です。

    歯科インプラントは、自然の歯と同様に、この環境に耐えられるように作られています。インプラントで支えられる歯冠の形や色は、生まれつき持っている歯と同様に作ることが可能になってきました。インプラント治療の最大の特長は、効果が半永久的に続くということです。
    インプラント治療が初めて行われたのは40年以上前の北欧に端を発し、そのインプラントは今でも患者さんの口の中で問題なく機能しているそうです。

    今日では、あらゆる世代にわたる60万人以上の人々が、インプラント治療の受けています。
    このインプラント治療を選ぶ人は、近年急激に増加しています。
    1本であれ複数であれ歯をなくした方にとって、インプラント療法は、歯の健康を取り戻す最良の方法とされつつあります。

インプラントの症例

インプラントの症例
奥歯を1本失った場合、ブリッジでは健康な歯を削らなければならず、支える自然歯に負担がかかります。
インプラントを使用すれば歯を削ることなく負担をさけることができます。

従来の治療方法の問題点を改善するインプラント治療

CASE 1
  • ブリッジの問題点

    ・ブリッジでは、隣の健康な歯を大きく削らなければなりません。
    ・健康な歯まで悪化させる原因になります。

  • インプラントによる改善ポイント

    ・健康な歯を削ることはありません。
    ・歯の健康を維持できます。
    ・両隣の歯はそのままで、負担もかかりません。

CASE 2
  • 部分入れ歯の問題点

    ・クラスプによって、見映えも悪く審美性に欠けます。
    ・異物感、違和感が生じることがあります。
    ・粘りのある食べものや固い食べものを上手に噛むことができません。

  • インプラントによる改善ポイント

    ・クラスプを必要としないため、口腔内も美しく見え、審美的にも良好です。
    ・失われた歯根部分の骨を支えにして、人口の歯を固定するので、噛む力は自然の歯と同じように骨に伝わり、自分の歯のような感覚で食事を味わうことができます。
    ・粘りのある食べものや固い食べものに関係なく食事を楽しめます。

CASE 3
  • 総入れ歯の問題点

    ・発音に障害がでることがあります。
    ・口腔内に異物感を感じます。
    ・入れ歯を維持する力が弱く、グラついたり、ズレたりします。
    ・粘りのある食べものや固い食べものを上手に噛むことができません。

  • インプラントによる改善ポイント

    ・違和感、異物感がなく口腔内がスッキリし、審美的にも良好です。
    ・失われた歯根部分の骨を支えにして、人口の歯を固定するので、噛む力は自然の歯と同じように骨に伝わり、自分の歯のような感覚で食事を味わうことができます。
    ・粘りのある食べものや固い食べものに関係なく食事を楽しめます。

インプラント治療を体験された方の声

  • 50代 女性 Y・Oさん
    安心して治療していただけることがいちばんですよね。
    今はとても快適です。

犬歯とその隣の歯をブリッジにしていたのですが、だんだん健康な歯にも負担がかかってきて悪くなってしまいました。そこでインプラントにしてみようかと考えたのですが、実は姉がほかのいんぷらんと治療で失敗していたので、どうしゆかと悩んでいました。
そんなとき友人からブローベマルクシステムのインプラント治療をされている先生を紹介していただきました。その友人はいろいろと検査を受けた結果、結局はインプラントに適さないということで治療はしなかったのですが、対応がとてもよかったから一度相談してみたら、とアドバイスしてくれました。
きtんと検査をして、適さない場合はちゃんとそれを伝えてくれると聞いて、それなら信頼できるかなと思いました。
実際に相談に訪れてみると、本当に丁寧に説明していただき、徐々に不安も薄れていきました。ブローネマルクシステムは30年以上の実績がある治療だというのも心強く感じました。
安心して治療していただけることがいちばんですよね。今はとても快適です。ブリッジのような不安感もなく、自分の歯よりも丈夫なくらい。私の結果を聞いて、姉もブローネマルクシステムに変えて治療を行っています。
  • 70代 男性 S・Mさん
    生活が明るくなりましたね。
    インプラントにして本当によかったというのが実感です。

なんかの拍子に入れ歯が飛び出してしまったり、入れ歯を取り出して人前で洗うということがとてもイヤでした。外れないようなものはないかと探していたところ、インプラントに出会ったのです。
最初は不安もありましたが、先生が懇切丁寧にアドバイスをしてくださいましたので、心配はいらないなと思うようになりました。手術も思ったより短い時間で終わりましたし、一時的な腫れはありましたけれど、我慢できないほどの痛みはなかったです。普通の歯の治療とそんなに変わらないと思いますよ。
治療期間中も今まで使用していた入れ歯が使えますから特に不都合はありませんでした。
インプラントにしてからは、自分の歯があったころとまったく同じ感覚で食べられます。なんでも家族と同じものを食べられることがなによりもうれしかったですね。衛生的にもよいですし、人に不快感を与えることもありません。
たとえば旅行に行ったときでも、これは食べられない、あれは食べられないなどと一切考えなくてもよいのです。
カラオケで思い切り歌うこともできますし、大きな口を開けて笑うこともできます。
生活が明るくなりましたね。ブローネマルクシステムのインプラントにして本当によかったというのは実感です。
このページの先頭へ