矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

矯正歯科治療の流れ

  • 1. 初診相談(矯正治療の説明と相談)

    歯並び・咬み合わせなどの気になる点について、問診や視診をしながら診察し、矯正治療の担当医と相談します。
    矯正治療を始める場合には、精密検査をします。

    治療費 相談料 無料

  • 2. 精密検査

    レントゲンや模型によりあごの大きさや歯並びの状態を検査し分析を行います。
    歯の写真・顔の写真・歯のレントゲン写真・頭部のレントゲン写真・歯列の模型 など治療計画に必要な資料をとります。症状により、顎関節のレントゲン写真や顎運動の検査もします。
    治療費 精密検査料 3万円(税抜)  

  • レントゲン
  • レントゲン
  • レントゲン

  • 3. 矯正歯科診断

    精密検査で分析・診断した結果をもとに治療方針を話し合います。不明点や疑問点に医師が丁寧にお答えします。患者様は納得された状態で治療を受けることができます。
    また、精密検査の結果をもとに、不正咬合の診断と治療計画・治療方法ならびに治療期間・矯正歯科料金についての説明があります。

    診断料 無料

  • 4. 治療開始の準備

    口腔内の清掃をするとともに、正しい歯磨きの指導をします。
    矯正装置をつけていると、食べものが付着しやすくなりますから、矯正中の歯ブラシ指導に従って歯磨きを行っていただきます。

  • 5. 治療開始

    矯正歯科治療は、動的治療と静的治療(保定)の二段階に分かれています。

  • 矯正治療の装着

    ワイヤー矯正装置は、ブラケットという小さな器具とワイヤーからできています。
    ブラケットにはメタルのほか、透明で目立たないセラミック製のものもあります。
    また、ワイヤーも最新型の白いホワイトワイヤーがあります。
    また通常は歯の表側(唇側)につけますが、歯の裏側につける舌側矯正という方法もありますが、すべてのケースに適用できるわけではありません。

    マウスピース矯正のインビザラインは、取り外しの練習が主となります。

    治療費 メタルブラケット 45万円(税抜)
          ホワイトブラケット 55万円(税抜)
          インビザライン  71万円(税抜)

  • 矯正調整

    ワイヤーの矯正装置をつけている間は、1ヶ月に一度のペースで通院していただき、歯の移動の状態をチェックしたり、装置の調整を行います。
    マウスピース矯正のインビザラインは、3~4か月に一度のペースで通院となります
    矯正装置の装着期間は、年齢・歯の状態・治療方法によって異なりますが1~3年くらいが目安です。

  • 保定期間(リテイナー)

    所定の位置に歯が移動し、きれいに並び終えたら矯正装置をはずし、代わりにリテイナーと呼ばれる保定装置をつけます。これは歯がもとの位置に戻ろうとするのを防ぐ装置です。
    保定期間は最低で1年で、矯正期間と同じくらいかかります。
    その後も3月~6月に一度くらい通院していただき歯並びの状態をチェックします。

  • 6. 治療完了

    必要な保定・観察が終わったら、矯正治療はすべて終了です。
    その後も半年~1年に一度は定期健診を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ